忍者ブログ

カウンター

リンク

カテゴリー

最新記事

忍者アド

リードメール

 

フリーエリア

[301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291

鈴木亮平、役作り年間50キロ増減量も人間ドック

鈴木亮平、役作り年間50キロ増減量も人間ドック◎

鈴木亮平、役作り年間50キロ増減量も人間ドック◎

 

 俳優・鈴木亮平(32)主演の映画「俺物語」(河合勇人監督)が31日公開され、都内で舞台あいさつが行われた。



 人気コミックを原作にした主人公は高校生離れしたいかつい男で、鈴木は役作りのために40日間で30キロ増量した。

 「いかついとはいえ、高校生の役。僕でいいのか? と本気で悩んだ。やるからにはやり切ろうと」と決意の増量。ハロウィーンにちなんで、増量分に相当する巨大カボチャも持ち込まれた。

 鈴木は今年春のドラマ「天皇の料理番」(TBS系)では、主人公の病身の兄を演じるために半年間で20キロ減量した。

 双方で共演した寺脇康文(53)は「あの時は実のないスープばかりで本当に病人のようだった。今回は食事の後に菓子パンをプロテインで流し込んでいた。本当に体は大丈夫なの」と、この日も気遣っていた。

 もともと186センチ、76キロのスリムな体形だが、この1年間でその差50キロの増減量を成し遂げたことになる。ハリウッドの名優ロバート・デ・ニーロをもしのぐ「超デ・ニーロ・アプローチ」とでもいうべきか。

 鈴木本人は「人間ドックですこぶる健康と言われました。今回、中高生をやったから、今度は小学生にも挑戦したい」とジョーク交じりに語った。

 共演者の永野芽郁(16)坂口健太郎(24)鈴木砂羽(43)も登壇した。



こちら⇒無料動画だけで全員を稼がせるノウハウを公開。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne