忍者ブログ

カウンター

リンク

カテゴリー

最新記事

忍者アド

リードメール

 

フリーエリア

[281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271

たかじんさんマネジャー 百田氏ら提訴 「名誉を傷つけられた」

たかじんさんマネジャー 百田氏ら提訴 「名誉を傷つけられた」

 昨年1月に他界したタレント・やしきたかじんさんの最後のマネジャーを務めた男性(49)が28日、大阪市内で会見を開き、たかじんさんと妻・家鋪さくらさんの闘病生活を描いた百田尚樹氏の著書「殉愛」内での記述で名誉を傷つけられたとして、発行元の幻冬舎と百田氏に対して1100万円の損害賠償を請求する民事訴訟を同日付で東京地裁に起こしたことを発表した。


 訴状によると、男性は「殉愛」内で「マネージャーK」とイニシャルで記され、約1200万円の使途不明金を横領した疑いや、職務、たかじんさんの看病について、怠慢な態度をとっていたとされており、著しく名誉を傷つけられたとしている。

 88年から26年間、たかじんさんのマネジャーを務めた原告男性は、会見で「『殉愛』を初めて読んだ時、1ページ目から『ああ、ウソや。やしきたかじんを知らん人間が書いてる』と感じた」とし、「『あなたは僕のこと知らんやんか!』というのがまず1つと、配偶者の方の話だけ聞いて本にしたということで、『あなた大丈夫なの?』っていうのが正直な気持ちですね」と百田氏への不信感と怒りをあらわにした。

 また「師匠の配偶者とされている方に怒りを覚えているんですけど、その方を訴えることができませんので、幻冬舎と百田さんを訴えるということになった」と訴訟の経緯を説明した。

 訴訟の動機については「自分が悪者にされたこともそうだけど、何より師匠、たかじんの晩節を汚されたことが大きい。この本がウソであることを世間の皆さんに知っていただければ、それが師匠にできる最後のことなのかなと」ときっぱり。自身の名誉毀損について、もっとも許せない点を問われると「お金のことと、やっぱり師弟関係で、ああいう(怠慢な)態度を取ることはありえないのに、そういう風に書かれることはつらいですよね…」と言葉を絞り出した。

 原告男性は、8月31日に行われた、たかじんさんの元弟子で自身の兄弟子にあたる打越元久氏が、さくらさんに損害賠償を求められた訴訟の第2回口頭弁論に、被告側の証人として出廷。その後に会見し、「最後は自分が行かないと、騒動は終わらないと思っている」と、さくらさん及び百田氏に対する提訴の意思を示していた。

 提訴された幻冬舎は、デイリースポーツの取材に対し、「まだ訴状が届いておりませんので、コメントは差し控えさせていただきます」と回答した。

こちら⇒無料動画だけで全員を稼がせるノウ ハウを公開。

象印 あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJ/象印(ZOJIRUSHI)
¥11,880 Amazon.co.jp
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne